【万願寺唐辛子 じゃこ炒り】締めは熱々のご飯に混ぜて

公開日: 更新日:

可不可(東京・麻布十番)

 つまみにも、締めにも使える一品。タッパーに入れたら3日ほど保存も可能なので、普段使いにもおすすめだ。万願寺唐辛子は、種を気にせず刻む。手に入らなければ、ししとうでも代用可能という。

「火をかけて熱々になった油に万願寺唐辛子を入れて、さっと炒めるだけ。青みがきれいに出るのが、1分程度。炒めすぎないのがポイントです。じゃこは馴染ませるくらいで、醤油も香り付け程度。おばんざいなので、今回は日本酒にしましたが、焼酎やワインでも味わい豊かに仕上がります」

 日本ワインのアテでもしっくりくるが、炊きたてご飯に混ぜると上品なじゃこご飯に。子供たちにも喜ばれる。

《材料》
・万願寺唐辛子 5~6本
・じゃこ 50グラム
・酒 大さじ1杯
・醤油 少々
・ごま油(香りのあるタイプ) 適量

《作り方》
(1)小口に切った万願寺唐辛子をごま油で炒める。
(2)じゃこを加えさっと混ぜ、酒、醤油を垂らす。

▼宮下大輔(みやした・だいすけ)
 1961年、山梨県生まれ。20代でダイニングバー「春秋」の開店にあたり、95年には麻布十番に「暗闇坂 宮下」を開店。レストランのプロデューサーとして数々の店舗に関わり、2015年に「可不可 KAFUKA TOKYO」をオープン。定期的に料理教室や地方のシェフとコラボしたイベント(現在は休止中)を開催し、「日本のいいものを見直せるお店にしたい」という。

▼可不可 KAFUKA TOKYO(かふか)
 日本の素材を使った料理と和酒(日本酒、日本ワイン)がテーマ。おまかせコース(9品程度)のみの提供で、国産の野菜と魚を生かした創作料理が味わえる。
 店内は木のぬくもりがある静寂な空間。壁には全国のワイナリー、酒蔵、生産者らのサインが寄せられており、オーナーのこだわりが感じられる。

東京都港区麻布十番2―7―14 2階
℡03・5439・6395
定休日は日・祝日

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る