「詐欺師と一流営業マンは紙一重」元知能犯担当刑事に聞く

公開日: 更新日:

 不況になると詐欺がはびこると言われる。このような詐欺や儲け話にひっかからない術はあるのか。知能犯罪と闘ってきた森透匡氏はこう指摘する。

「持続化給付金の不正受給などのようにわかりやすい詐欺はありますが、詐欺をやる連中はその都度ネタを変えます。なにを専門ってことはありません。今でも仮想通貨などの詐欺話は続いていますしね」

 典型的なものが一獲千金を狙う投資話だ。

「投資話は深入りしないことが一番です。それでもという人には、あえていくつかアドバイスをしましょう。まず誰が投資話を持ってきたかが大事。詐欺師グループは詐欺被害者のリストを持っています。信じられないでしょうが、騙される人はホントに何度も騙されるんですよ。信用できない人からの話には絶対に乗らないことが大前提です」

 ただ、信用している旧知の人でも、その人が話を理解していない場合や騙されている場合があるので要注意だそうだ。そんな場合にどうしたら詐欺話を確認できるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る