LACの拠点は全国11カ所 法人会員同時10人利用で月額25万円

公開日: 更新日:

 過去3回にわたって紹介したワーケーション体験記。最終回は、<LivingAnywhere Commons>(以下LAC)の利用の仕方を紹介しよう。

 まずは、施設の利用料金から。現在、LAC拠点は全国に11カ所あり、個人の場合はメンバー登録すると、初期費用2万円(税別=以下同)のほか、月額2万5000円を支払うとすべての施設が利用できる。法人の場合は月額5万円からで、同時に10人が利用できるコースは同25万円(初期費用は無料)。光熱水費は月額料金に含まれるが、施設によってはキッチンやシャワー、会議室などが有料になるところもある。

 宿泊予約は専用サイトから行う。各施設にはワーキングスペースのほかコミュニティースペースなどがあり、各自、思い思いの場所でリモートワークなどを行う。当然、共有スペースで顔見知りになった仲間と起業するような機会も生まれる。

 このような定額制ワーケーション施設は続々と誕生しており、「ADDress」(月額4万円~)は全国に52拠点がある。

 ワーケーションに関する意識調査アンケートによると、若年女性の86%が「今後してみたい」と回答しており、女性の積極性が目立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る