緊急事態宣言「追加拒否」された熊本県の苦しい台所事情

公開日: 更新日:

■医療体制はステージ4

 要請していないのに追加された福岡県にたがわず、熊本の状況も深刻だ。県内では12日までの1週間の新規感染者が前週の2倍以上の557人となるなど、感染が急拡大している。確保想定病床使用率は全入院者が福岡51.6%、熊本50.7%で両県とも「ステージ4」(爆発的な感染拡大)。重症者は福岡20.0%に対し、熊本20.3%だ(いずれも8日時点の厚労省データ)。10日は熊本市内の病床が「ほぼ満床状態」として、大西市長が市独自の医療非常事態宣言を出した。

「2016年の熊本地震、昨年の豪雨と相次ぐ災害に見舞われた熊本県の財政は逼迫している。貯金にあたる財政調整用4基金の残高は地震対応で一時的に枯渇。19年度当初予算で84億円まで戻しましたが、豪雨災害への対応で再び枯渇の危機にひんしていた。そこにコロナ禍が発生し、台所事情はさらに厳しくなった。そこで西村大臣に追加指定を申し入れたものの、ステージ4にはあたらないとの判断で見送られたのです」(県政関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

もっと見る