「霞町三○一ノ一」渡辺ひと美さんの巻<3>

公開日: 更新日:

くじらのお宿 一乃谷

 クジラというと、私の父の世代は給食に竜田揚げが出たりして、なじみ深い食材でしょう。でも、私は給食で食べたことがなく、大人になり、お酒を飲むようになって初めていただいた料理。いろいろな食材が集まる東京といえども、どこにでもあるわけではありません。どこかのお店で巡り合うとラッキーな印象で、高級食材のイメージですよね。

 そんなクジラ料理専門店がこちら。屋号に「お宿」と銘打つくらいですから、とにかくクジラが充実しています。しかも安い。

 こちらのご主人は、捕鯨調査船から直接、クジラを買い付けているそうです。安くて、新鮮で、通常の店では食べられない部位がズラリとそろっているのはそのため。仲買を通さない、直接仕入れにあります。

■最高の食べ方を熟知するご主人

 刺し身は、赤身や皮、極上の尾の身のほか、心臓や小腸、胃袋など内臓系もズラリ。刺し身だけで17種類も用意されていて、盛り合わせ(3000円~)で頼むと、その日のお薦めがキレイに盛られて登場します。ちなみに先日お邪魔したときは、赤身、皮、小腸、胃袋、サエズリ(舌)、ベーコン、鹿の子、尾の身など9種類に加え、アワビとタコが並んでいました。

 すべての部位がちょうどよく熟成されていて、内臓系はもちろんキレイに処理されています。部位ごとの食感の違い、おいしさの違いが楽しめるのです。ランチだと、尾の身を含む5種盛りで1500円。限定とはいえ破格です。

アレンジメニューもすばらしい

 父の世代には懐かしい竜田揚げ(1500円)はもちろん、カツ(1000円)、ステーキ(1500円)などガッツリ系のメニューもそろっています。心臓や赤身の部位をレバー風に仕上げたり、鹿の子をユッケ風にしたり。どの世代も親しめるアレンジメニューもすばらしい。

 命をいただくのですから、余すことなく、おいしくいただきたい。ご主人の一皿一皿をいただくと、クジラ食の文化が日本にはしっかりと根付いていることがわかります。最高の食べ方を熟知されているご主人で、その人がさばく刺し身であり、一品料理の数々なんです。

 でも、私より若い世代にとっては、クジラを食べたことがない人が多いでしょう。若い人たちには、日本にはクジラ食の文化があり、決してムダにせず、おいしくいただいてきたことを知ってほしい。上の世代の方には、ぜひ懐かしんでほしい。そんなお店です。

 クジラが初めてなら、そのことをご主人に伝えると、部位や食べ方を丁寧に教えていただけますから、ご心配なく。その話しぶりに触れると、ご主人のクジラ愛がバンバン伝わってきます。

 ランチは、定番の竜田揚げやカツ、刺し身などが各980円。お近くの方はぜひ。

(取材協力・キイストン)

■もつ焼 のんき 四谷店
東京都新宿区舟町11 小川ビル1階
℡03・6893・8910

▽霞町三〇一ノ一
東京・西麻布のビル3階にある和食店。暗証番号を入力して入るスタイルは隠れ家風だが、渡辺さんはじめスタッフは笑顔を絶やさず落ち着いて食事ができる。旬の食材と銘酒のマリアージュが評判に。
東京都港区西麻布2-12-5 MISTY西麻布3階
℡03・6805・3227

▽渡辺ひと美(わたなべ・ひとみ)
フリーアナウンサー。食べ歩きや蔵元巡りを重ねた経験を生かし、利き酒師としても活躍。飲食店のプロデュースやコンサルタントも行い、自ら手掛けた和食店「霞町三〇一ノ一」は今年15周年を迎えた。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

  2. 2
    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

  5. 5
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

もっと見る

  1. 6
    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

  2. 7
    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

  3. 8
    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

  4. 9
    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

  5. 10
    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ