能登半島の次は小笠原諸島で…父島近海M6.2の揺れは南海トラフの予兆か?専門家に聞いた

公開日: 更新日:

 21日16時15分頃、小笠原諸島の父島近海でマグニチュード(M)6.2の地震が発生した。父島近海では、プレート境界に近いため、震源が浅い地震がたびたび起こっている。今回の最大震度は2だったが、エネルギーとしては19日に起きた能登地方を震源とする最大震度6弱地震(M5.4)に比べて、かなり大きい。立命館大環太平洋文明研究センター特任教授の高橋学氏がこう言う。

「この地震は、太平洋プレートがフィリピン海プレートの下にもぐりこむことで起きています。現在、活動が活発化している、西之島新島、福徳岡ノ場、噴火浅根などの火山噴火と関係しています。
 
 また今後、富士山や箱根山、伊豆大島などの噴火とも関わっていく可能性があります。南海トラフ地震には直接関係しませんが、仕組みとしては、千葉県南東沖地震と同じ。首都圏直下の大規模地震につながる可能性はあります」

 一方、南海トラフの巨大地震と関連があるのは、19日の能登地方の地震。翌20日にも震度5強が起こっている。そもそもこの地域では、群発地震が続いていて、気象庁によると1年半前から震度1以上を約150回観測している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…