梅雨シーズン…お風呂ゴムパッキン黒カビ退治の○と× 正しい方法と最終手段

公開日: 更新日:

 列島に梅雨入りの便りが届き始めた。この季節になると気になるのは、やはり自宅の水回りにできるカビ汚れ。熱エネルギー機器「リンナイ」がアンケートしたところ、9割の人が「浴室」のカビに悩んでいることが分かった。ゴムパッキンに入り込んだしつこい黒カビは少々のことでは取れない。では、どうする?

 ◇  ◇  ◇

 アンケートでは、カビ汚れの気になる場所として「浴室」と答えた人が92%。次いで「エアコン」が43%で多かった。

 浴室でも、特にカビが生えるイメージが強い場所は「ゴムパッキン」。隙間を埋めるシリコーンなどのシーリング材に黒カビが入り込んでいるというわけだ。

 そのパッキンの黒カビだが、実に半数の人が「落ちない」と思い込んでいる。とはいえ、落ちなかったのは、これまでのやり方が間違っていた可能性がある。

 千葉大学真菌医学研究センターの矢口貴志准教授がこう言う。

「汚れが落ちないからといって、硬いブラシでこすらないようにしてください。壁、床、目地、パッキンに細かい傷がついてしまい、そこにカビが入り込んで、次からカビが落ちにくくなります。カビ汚れ専用洗剤を使用してもカビ汚れが落ち切らない場合は、もう一度行いましょう。洗剤をかけた後にラップで覆い、洗剤の成分が浸透すれば、カビは落ちやすくなります」

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで