街に出る蓮舫氏にステルス小池陣営は戦々恐々…ついに萩生田都連会長6.28八王子に現る情報

公開日: 更新日:

 首都決戦が熱を帯びている。自公や都民ファーストの会が支援する小池知事と、立憲民主党共産党支援の蓮舫前参院議員による事実上の与野党対決となった東京都知事選(7月7日投開票)。初の週末は「街に出る蓮舫」と「会いに行けない百合子」のコントラストがクッキリと分かれた。

 蓮舫氏は23日、JRの錦糸町や池袋駅前で演説。連日、主要駅を選び、ほぼ毎回巻き起こる「蓮舫コール」はちょっと異様なくらいの熱量だ。池袋には1000人近い聴衆が集まった。

 一方、小池知事は同日、奥多摩駅と河辺駅(青梅市)で演説。前日の八丈島に続き、都心から遠く離れた場所を選んだ。その理由については「学歴詐称疑惑などでヤジを受けかねないから、人が集まりやすい都心を避けた」(都政関係者)との見方もある。河辺駅には約500人が集まったが「百合子コール」は起こらず、うかつに近づけない物々しい警備態勢が目立った。

 街宣の盛り上がり以上に、小池陣営が不安視するのは自民の存在だ。都連会長の萩生田前政調会長が支援を明言しているが、裏金事件のマイナスイメージが付きまとうため、陣営内は「党派色を表に出すのはご法度」(都ファ関係者)という空気になっている。特に裏金額2728万円で、象徴的存在の萩生田氏が小池知事の支援に動いていることを皮肉る言葉として、「萩生田百合子」がSNSで話題になっていることにも神経をとがらせている。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方