驚きの治験結果!米ファイザー社の「ロルラチニブ」を服用した肺がん患者の約60%が5年後も進行なく生存

公開日: 更新日:

 がんの中でも最も死亡率が高い肺がん。米ファイザー社の「ロルラチニブ」(商品名「ローブレナ」)を服用した肺がん患者の約60%が、5年後も病状の進行なく生存した──先日、こんな治験結果が発表され、話題になっている。

 ロルラチニブは、最も一般的な肺がんである転移性非小細胞肺がん(NSCLC)の治療薬。がん細胞の増殖・転移に利用されるタンパク質(ALK)の働きを妨げる第3世代ALK阻害薬だ。

 豪州メルボルンにあるピーター・マッカラムがんセンターで、第1世代ALK阻害薬の「クリゾチニブ」と比較する最終段階の臨床試験が実施された。

 それぞれの薬をNSCLC患者に投与した結果、5年後もがんが悪化しない状態を維持していたのは、クリゾチニブのグループではわずか8%。一方、ロルラチニブのグループでは60%にも上った。

 ファイザーは公式サイトで「過去に前例のない結果」と報告。この臨床試験を主導したベン・ソロモン氏も「今回の結果は肺がん治療における大きな進歩だ」と語った。

 日本では2018年9月にロルラチニブを世界に先駆けて承認している。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方