「必死で主婦を演じ…」妻たちが引きこもる“5つのパターン”

公開日: 更新日:

「引きこもりの7~8割は男性といわれていますが、引きこもりの相談のメールなどを見ていると、男女比は半々です」

 こう話すのは、数百人規模の引きこもり当事者を20年近く取材してきたジャーナリストの池上正樹氏だ。引きこもりの統計では一般的に「家事や育児などで自宅にいる者」、つまり専業主婦を除いている。そのため、男性が大半を占めるが、「潜在的に専業主婦の引きこもりはかなりいるという印象」と池上氏は指摘する。

 専業主婦の引きこもりの典型的なものとして、池上氏が挙げたのは次の5つだ。

(1)もともと人間関係を築くのが苦手で、結婚後も変わらない

(2)結婚、出産を機に退職。自分が描いていた人生を諦めなくてはならなくなり、絶望感などを覚える

(3)セクハラ、マタハラ、パワハラなどで会社を辞めざるを得ず、専業主婦になるが、ママ友のコミュニティーなどに入れない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  3. 3

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  4. 4

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  5. 5

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  6. 6

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  7. 7

    経済を揺るがす関電問題&前厚労政務官口利き疑惑も追及を

  8. 8

    新制度開始直前 前代未聞だった「全高長」の導入延期要請

  9. 9

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  10. 10

    ジョセフHC契約延長も…ラグビー日本は守備コーチ残留せず

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る