<第3回> “ギャンブラーの顔” 正月休みの1週間、ぶっ続けで麻雀を打ち続けた

公開日:  更新日:

 動物学者で作家の畑さんには、もうひとつの顔がある。知る人ぞ知る「希代のギャンブラー」なのである。東大時代に始めた麻雀歴は60年になる。

「僕はギャンブルが好きでしてね、そのために生きている(笑い)。かつては麻雀を1週間やらないとお尻がむずがゆくなってきた。いちばん打ったのは阿佐田哲也さん。彼は僕が東京に出てくると空気が分かるんだね、夜電話がかかってきて麻雀をやることになるんですよ」

 日刊ゲンダイ創刊の頃、タイトル戦をつくろうということになり、畑さんと小島武夫、田村光昭、灘麻太郎各氏の4人で不眠不休の「雀魔王」戦を実施。1期、2期と連続して畑さんがタイトルを獲得した。

「打ち盛りの頃は正月休みの8日間連続でやったものですよ。酒は一切飲まない。たばこは集中力が高まりますからね、ずっと手放さない。最近はタイトル戦に呼ばれますけどね。禁煙だから、引退宣言しようかと思っていますよ(笑い)。麻雀は普通の法則で打っていてはダメ。その都度、法則をひっくり返さなくては。たばこを吸わないと、その判断力が出てこないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る