ついに「家庭内制限」にまで踏み込んだ小池新党の危うさ

公開日: 更新日:

 今月10日のテレビ番組で「分煙では不十分で、屋内禁煙を原則としていく。基本的には厚労省の案に近い」と語っていた小池氏だが、「厚労省案に近い」どころか、大幅に厳格化した内容ではないか。プライベート空間まで規制しようという強権姿勢には呆れるしかないが、ご本人は会見で「国の法整備を見守るだけでは時間ばかりが過ぎていく。真に効果がある方法を見いだしたい」と、国の対策の遅れを批判し、自らが率先してやっていくとアピールしてみせた。

「小池氏がいち早く受動喫煙防止の条例化の意向を示した後、自民党をはじめ各党が条例化を公約に盛り込んできました。このため他党との差別化を図るために、“子どもを守る”をキーワードに厳格な内容を打ち出したのでしょう。さらには、厚労省案よりも大きく踏み込むことで、国よりも進んでいるという姿勢をアピールする狙いがみえます」(都政を取材するジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  5. 5

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る