東京都受動喫煙防止条例に待った!

公開日:

 東京五輪開催を大義名分に、小池百合子都知事が早期成立をもくろむ東京都受動喫煙防止条例。都は2月21日開会(3月29日閉会)の第1回都議会定例会に条例案を提出し、年度内成立を図る意向だったが、ここへきて「見送り」の観測が出てきた。原則屋内禁煙、例外は店舗面積30平方メートル以内のバー、スナック等だけという、国(厚労省)の規制内容よりも厳しい内容(都の基本的な考え方)に、さまざまな業界や多くの都民から反対論、慎重論が相次いでいる。昨年10月末から実施していた東京都生活衛生同業組合連合会、東京都麻雀業協同組合など4業界団体の署名活動には17万7697筆の賛同署名が集まった。

 4団体の要望趣旨は①都民や事業者の声に耳を傾け慎重な議論を②お客と事業者が「喫煙」「分煙」「禁煙」の店舗を自由に選択できる多様な社会を求める――といったもの。至極当然の要望である。今回の結果を受け、4団体は「受動喫煙防止の取り組み」の重要性を指摘しつつ、条例化による客、事業者双方への大きな影響、国と都の2つの規制が輻輳することの混乱を懸念し、「性急な条例制定は避けるべきと考えております」と訴えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る