東京都受動喫煙防止条例に待った!

公開日: 更新日:

 東京五輪開催を大義名分に、小池百合子都知事が早期成立をもくろむ東京都受動喫煙防止条例。都は2月21日開会(3月29日閉会)の第1回都議会定例会に条例案を提出し、年度内成立を図る意向だったが、ここへきて「見送り」の観測が出てきた。原則屋内禁煙、例外は店舗面積30平方メートル以内のバー、スナック等だけという、国(厚労省)の規制内容よりも厳しい内容(都の基本的な考え方)に、さまざまな業界や多くの都民から反対論、慎重論が相次いでいる。昨年10月末から実施していた東京都生活衛生同業組合連合会、東京都麻雀業協同組合など4業界団体の署名活動には17万7697筆の賛同署名が集まった。

 4団体の要望趣旨は①都民や事業者の声に耳を傾け慎重な議論を②お客と事業者が「喫煙」「分煙」「禁煙」の店舗を自由に選択できる多様な社会を求める――といったもの。至極当然の要望である。今回の結果を受け、4団体は「受動喫煙防止の取り組み」の重要性を指摘しつつ、条例化による客、事業者双方への大きな影響、国と都の2つの規制が輻輳することの混乱を懸念し、「性急な条例制定は避けるべきと考えております」と訴えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る