• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京都受動喫煙防止条例に待った!

 東京五輪開催を大義名分に、小池百合子都知事が早期成立をもくろむ東京都受動喫煙防止条例。都は2月21日開会(3月29日閉会)の第1回都議会定例会に条例案を提出し、年度内成立を図る意向だったが、ここへきて「見送り」の観測が出てきた。原則屋内禁煙、例外は店舗面積30平方メートル以内のバー、スナック等だけという、国(厚労省)の規制内容よりも厳しい内容(都の基本的な考え方)に、さまざまな業界や多くの都民から反対論、慎重論が相次いでいる。昨年10月末から実施していた東京都生活衛生同業組合連合会、東京都麻雀業協同組合など4業界団体の署名活動には17万7697筆の賛同署名が集まった。

 4団体の要望趣旨は①都民や事業者の声に耳を傾け慎重な議論を②お客と事業者が「喫煙」「分煙」「禁煙」の店舗を自由に選択できる多様な社会を求める――といったもの。至極当然の要望である。今回の結果を受け、4団体は「受動喫煙防止の取り組み」の重要性を指摘しつつ、条例化による客、事業者双方への大きな影響、国と都の2つの規制が輻輳することの混乱を懸念し、「性急な条例制定は避けるべきと考えております」と訴えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る