葉たばこ生産地の現状と生産者のホンネ<上>

公開日:

 受動喫煙対策を強調した「たばこ規制強化」「増税」「喫煙者率低下」と葉たばこ業界を取り巻く環境は厳しさを増している。生産地の実情はどうなっているのか。葉たばこ耕作が盛んな九州の産地を訪ねた。

 全国の葉たばこ耕作面積は7662ヘクタール(2017年度)、農家数は5377戸(同)、生産額は393億円、1戸当たり665・5万円(2014年)となっている。耕作面積の全国1位は熊本県で1153ヘクタール。586戸の農家が耕作を行っている。生産額も約50億円(2016年)で全国一を誇る。その「葉たばこ王国」で祖父の代から3代にわたり耕作を続けている2人の青年に話を聞いた。20代から従事してきた村上健介さん(40)と野田優作さん(37)だ。

 まずは栽培の流れを紹介しよう。11月から12月に耕起・整地や堆肥散布など畑の準備を行い、1月に種まき。2月には親床から子床への植え替えを行い、3月にマルチで覆われた畑に移植する。4月に入ると心止め(摘心)、脇芽除去など畑の管理作業が続き、5月上旬から8月にかけ成熟の進んだ下位葉から順に収穫。収穫後は乾燥作業を行い、乾燥が終わると出荷となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る