池田清彦さん<下>地球温暖化のCO2元凶説は“魔女狩り”と同じ

公開日: 更新日:

池田 14~19世紀の小氷期にヨーロッパでは大凶作が続いて何百万人も餓死した時、ローマ教皇が「魔女のせいだ」としたため、魔女裁判で50万人は下らない女性が魔女として処刑された。

名越 今はCO2が魔女にされているわけですね。

池田 日本人は、これがいいとなると禁煙でも何でもトコトンやってしまうけど、生物科学的には、いい加減、ホドホドじゃないとダメなんです。

名越 私は禁煙学会が宮崎駿監督の「風立ちぬ」の喫煙シーンに抗議した時に、思わず「禁煙学会に代わって謝ります」とツイートしてしまいました(笑い)。炎上はしませんでした。

池田 20代の頃は毎日80本くらいたばこを吸ってたけど体質が合わないでやめた。酒は体質が合うから毎日飲んでるけど。エネルギー問題でも、れいわ新選組の山本太郎が言っているように、とりあえず今は火力発電を続けて、その間にコストのかからない新しいエネルギーを開発するというのが最も現実的で賢明な方法だと思いますね。

名越 世界が一日も早く誤ったCO2元凶説の呪縛から目覚めることを祈るのみです。池田先生、本日はありがとうございました。(おわり)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る