協和発酵キリン 宮本昌志社長<4>一本のリポートで日本帰国

公開日: 更新日:

 突如アメリカ勤務を命じられ、1998年3月、サンディエゴに家族で引っ越した宮本昌志。北米で医薬関連の情報収集や提携先の探索を行うキリンビールの子会社に出向する。38歳になっていて、任期は3年の予定だった。

 現地には、やがて医薬事業を牽引することとなる実力者が2人いた。

「頭の回転が速い2人に挟まれた僕は、ただボーッとしていました」

 苦手だった英語を嫌いではなくなったものの、新薬につながるネタを開拓するという本来の仕事では成果を得られない。そのまま2年が経過した時、何げなく一本のリポートを本社に送る。

 内容は、「医薬部門の情報システムは、アメリカの製薬会社のそれと比べてかなり劣っている。開発力を高めるために高度な専用システムに刷新すべき」、という提言だった。現場を動き回るうちに気づいたことだった。すると、本社の偉い人の目に留まる。偉い人はビールの生産部門から医薬の企画部門のトップになったばかり。名前は山角健(後に協和発酵キリン副社長)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る