小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

なぜモーターショーでキッザニア?ショーもクルマも体験型

公開日: 更新日:

 岐路を迎えた東京モーターショー2019。入場者数、輸入ブランドの出店が減り、イベントのバラエティー化が進んで嘆き節の記事もあるが、筆者は正直そう思わない。

「東京じゃロールスロイスやフェラーリまでディーラーで見れますし、情報はネットでチェックする時代。いまクルマを見るためにわざわざ足を運ぶ人のが貴重ですよ」(輸入インポーター)はまさに正論。今やクルマのみならず、イベントは「見る」だけでは成立しないのだ。

 よって今ショー最大の注目は、アウト・オブ・キッザニア。キッザニアは子供が楽しく職業体験が出来るエンタメ施設で、普段は森永のハイチュウ工場やモスバーガーショップが人気。しかし今回は本拠地を離れ、東京モーターショー内で特別自動車プログラムが行われている。筆者も日曜朝イチに親戚の小学生とトライした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る