レバノン司法当局「ゴーン元会長の引き渡しはしない」

公開日: 更新日:

 日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告が海外逃亡した事件で、レバノンの司法当局が、日本が求めているゴーン被告の身柄引き渡しに応じない方針であることが分かった。30日の日本経済新聞が報じた。

 ゴーン被告は2019年12月29日、日本からレバノンに逃亡し、首都ベイルートに滞在中。ゴーン被告の引き渡しを巡っては、日本の司法当局の求めに応じて国際刑事警察機構(ICPO)が今月、加盟国に身柄拘束を求める「国際逮捕手配書」を発行している。

 司法当局の担当者は、日本経済新聞の取材に対して「手配を受けて、ゴーン被告の海外渡航を禁止している。今後は、日本から提出された資料に基づいてレバノンの検察官が犯罪の嫌疑があると判断すれば、レバノンで裁判を受ける。レバノン国民である彼が日本へ引き渡されることはない」との見解を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る