小麦高騰でパンや麺が値上げも、日本人が安価な「米食」にシフトしない理由

公開日: 更新日:

 小麦価格の高騰で、家計が少しずつ打撃を受け始めている。

 小麦の生産量は紛争が長期化しているウクライナとロシアで世界全体の15%ほどを占め、価格が高止まりする中、生産量世界第2位のインドは、食糧安全保障の観点から小麦の輸出禁止を発表。小麦の国内消費量の約90%を輸入している日本では、輸入量の約50%を占める北米での不作もあり、4月からの輸入小麦の政府売り渡し価格が約17.3%引き上げられている。

 山崎製パンでは、1月に続き7月出荷分から食パンと菓子パン141品目で平均7.1%値上げする。大手メーカーだけでなく町のパン屋、さらに小麦を主原料とするラーメンやうどんを提供する幸楽苑や丸亀製麺などの大手チェーンでも値上げが相次いでいる。

 その一方で、価格低下で推移しているのが米だ。

ウクライナ侵攻で小麦価格が高騰する中でも、米価格は上昇の兆しがありません。魚沼産コシヒカリや山形産つや姫など、もともと需要がある人気銘柄の価格は下がっていませんが、古米の民間在庫量が豊富な上、コロナ禍で外食向けの消費量が減っているため、全体的に低空飛行状態が続いています」(米流通評論家の常本泰志氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質