真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

東レ(上)素材産業を代表する科学メーカー “黒いダイヤ”をはじめ技術力はピカイチ

公開日: 更新日:

 失われた30年の間に、日本企業の国際的地位は大きく低下した。1990年の世界銀行ランキングのトップ10には日本の銀行が6行入っていたが、今ではゼロ。家電や半導体なども世界をリードしていたが、今や韓国サムスンなどに大きく水をあけられている。

 それでも自動車だけは、世界トップクラスにあるが、EV(電気自動車)で出遅れただけに将来に不安が残る。

 そうした中、今もそして将来も、国際的競争力を持ち続けるだろうといわれているのが素材産業だ。その中にあって東レは、世界一や世界唯一をいくつも抱える、日本の素材産業を代表する化学メーカーだ。

 例えば炭素繊維。東レの炭素繊維開発は1960年代に始まり、71年には商用生産を開始した。当初はゴルフクラブのシャフトや釣り竿などの用途しかなく、収益にはほとんど貢献しなかったが、品質はその後大きく向上し、90年にボーイング777の第2次構造材に採用される。

 東レの2代前の社長で経団連会長も務めた榊原定征氏は、67年に入社後、炭素繊維開発の部署に回される。当時炭素繊維は「黒いダイヤ」と呼ばれており、「黒いダイヤで飛行機を飛ばそう」というのが研究者の合言葉だった。B777でその夢がかなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  2. 2
    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

  3. 3
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 5
    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 8
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  4. 9
    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

  5. 10
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク