岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

公開日: 更新日:

 安倍派の幹部を引っ張り出すために、呼ばれてもいないのに「政倫審」に出席した岸田首相。しかし、「やっぱり出なきゃよかった」と悔やんでいるのではないか。立憲民主党の野田元首相から一方的に攻められた挙げ句、大好きな「政治資金パーティー」の開催自粛まで約束させられてしまったからだ。

 質問に立った野田元首相は、いきなり「総理大臣が政倫審に出席していること自体に、強烈な違和感を覚える。悲しい気持ちだ」と先制パンチ。

 岸田首相が追い込まれたのは、岸田首相個人の「政治資金パーティー」問題についての質問だ。「脱法パーティー疑惑」もくすぶり、岸田首相個人のパーティーはアキレス腱になりつつある。

「先般(2月26日)の衆院予算委でも質問しましたが」と、野田元首相からこうただされた。

「2022年に7回もパーティーをやっているのは異常じゃないかと申し上げた。岸田首相は『あれは勉強会だ』と、おっしゃったが、一晩に3000万円以上の収入を得るような集会をやって、勉強会だと言っている。どう見たって法令上は政治資金パーティーじゃないですか」

「2022年4月には3回もパーティーやっている。大阪、広島、東京。1カ月に3回ですよ。総理大臣としておかしいと思いませんか」

「昨年もやろうとしていた。12月15日に『岸田文雄と国政を語る会』をやろうとして延期されましたね。中止ではありませんね。まだやろうとしているんですか」

 攻め込まれた岸田首相は、「総理大臣としてパーティーを開催すること、これは、いまは考えておりません」と、なんとか答弁したが、野田元首相から「『いまは考えていない』というのは、ほとぼりが冷めたらやるということじゃないですか。やらないと言ってください」と迫られると、最後は「はい。在任中はやることはないと考えています」と、答えるしかなかった。

 政治資金パーティーが最大の「集金マシン」になっている岸田首相にとって、パーティーの自粛は痛手なのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮