近づく株主総会の季節…「物言う株主」の保有銘柄が狙い目

公開日: 更新日:

 このところ足踏みが続く日本株。手掛かり難だ。そんなわけで、6月後半の株主総会に向け、アクティビスト(物言う株主)に注目する投資家が増えている。言うまでもなく、アクティビストとは株主提案を出すファンドで、彼らが株式を取得すると、株主還元強化やMBO(経営陣が参加する買収)による非公開化の期待が高まり、株価が動意づくケースが多い。

 最近の例でいえば、西武ホールディングス株だ。シンガポールの3Dインベストメント・パートナーズが5%の取得を5月14日に届け出ると、翌日に7%高となった。帝人株は、株主総会向け資料で香港のオアシスが2.5%の株主になったことが判明し、23日に10%も値上がりした。

 日本企業の株式を保有するアクティビストの数は、2023年に70に上り、この5年間で3倍に増加している。その背景には、15年のコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)導入、22年の東証の市場再編、23年の東証によるPBR改善要請などがあり、投資妙味が増すと判断されたのだろう。

 アクティビストというと、かつて「ハゲタカ」と呼ばれたように、よからぬイメージが強いが、最近は企業と会話を重ね、改革を提案することが多くなってきた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方