著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

米エヌビディアが時価総額で世界2位へ 理論上の株価は1株0.98ドル→5万8032ドルの仰天

公開日: 更新日:

 いまから12年ほど前、株価チャートが即座に描けるパソコンを探し家電量販店の販売員に相談した。

 オーダーメード仕様でNECのデスクトップパソコンを購入。メモリーを増設、CPUもインテルの最新モデルを搭載、通常のパソコンの2倍ぐらいの価格になったが、動作速度は抜群に速かった。いま思い出すとパソコンのタワーにエヌビディア「GPU(画像処理半導体)」のシールが貼ってあった。

 さらに7年ほど前、パソコンで動画を見る機会が増えたので、家電量販店で描画速度の速いパソコンを尋ねたら、デルのゲーム用パソコンを紹介された。モニターを2台接続でき、株価チャートを瞬時に表示できるといわれたので購入した。エヌビディアのGPUが使われ動作速度は格段に速く、さすがに格闘ゲーム向けと感心した。

 エヌビディアは、台湾系アメリカ人のジェンスン・フアンが1993年にクリス・マラコウスキーらと共に設立。社名はラテン語の「invidia」が由来で、「未来を見る・無限を見る」という意味が込められ、目をかたどったロゴマークが使われている。99年にGPUを発明し、株式を公開した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変