日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

森元首相がまた下村大臣批判「ただちに退出、極めて非礼だ」

 下村文科相へのバッシングが、どんどん強まっている。

 21日文科省が主催した都内のイベントに出席した森喜朗元首相は、議長を務めた下村大臣が途中で退席したことに、「呼びかけた下村大臣がただちに退出するというのは極めて非礼だ」と激怒。さらに、「国がいくら出すか決めないから皆、苦労した。やはり文科省の責任というのは大きい」と批判した。

 また、舛添要一都知事はこの日の定例会見で「無責任体制ですから、文部科学省の体制では動きませんと、さんざん申し上げた」と再度、下村大臣を非難した。その後、下村大臣は「批判は謙虚に受け止めたい」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事