日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

思わぬ短所も…ホンダが「65歳定年延長」目指す真の狙い

 ホンダが先月30日、国内の従業員約4万人の定年を60歳から65歳に延長する方針を明らかにした。2016年度中の導入を目指すという。

 改めて言うまでもないが、年金支給開始年齢がどんどん後ろ倒しされている中、65歳まで正社員として働けるのであれば、幸せだ。ホンダの英断は評価していいのか。

 まずは、労働問題といえば、この人、衆院議員の山井和則氏に聞いてみた。

「確かに65歳まで働けるのは一見すればいいことです。ただし、その働き方はどうなのか。待遇、労働時間、仕事の中身。これらが伴っているのかどうかを検証しなければ、判断はできません」

 ホンダの場合、これまでも60歳以上の雇用継続の制度はあったが、給料が半分になり、その代わり負担の重い海外駐在はなかった。新制度では8割程度の給料を保証する代わりに、新興国を中心に海外にも派遣するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事