「4000万円脅し取られた」鳥羽市副市長の奇妙な金銭トラブル

公開日: 更新日:

「4000万円以上を脅し取られた」――。三重県鳥羽市の木下憲一副市長(65)が4日記者会見し、会社経営者男性(63)と金銭トラブルになっていると明かした。

 鳥羽市では10年以上前から一般ごみと産業廃棄物を一緒に埋めるなど不正な処理が行われていた。これがコトの発端になったという。

「当初からゴミ問題をめぐって政治団体の抗議があり、09年に副市長に就任した木下さんが対応することになった。その際、“仲介役”として来たのが男性でした。男性は不正処理の現場写真を見せ、木下さんを脅したといいます。木下さんがそう証言しています。その場は収まったが、木下さんによると、3年ほど前に『政治団体を収めるのに5000万円かかった。支払いは立て替えた』と男性が金を要求してきたそうです」(鳥羽市役所関係者)

 木下副市長は上司である市長にも相談せずに昨年10月までに総額4155万円を男性に払ったという。全額、木下副市長の私費だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る