安倍首相赤っ恥 クルーグマン教授が極秘会合の中身を暴露

公開日: 更新日:

 極秘会合の中身をすべて暴露されてしまった。それも当事者に――。

 安倍首相が増税延期の“お墨付き”を得ようとして開いた「国際金融経済分析会合」。マスコミ取材は冒頭のみの非公開会合だったのに、今月22日の第3回会合に招かれたノーベル賞学者のクルーグマン・ニューヨーク市立大教授が詳細な英文の議事録をネットにアップしてしまったのだ。

 安倍首相が「これはオフレコで」と念押しした発言までバラされ、官邸は大慌てだ。

〈ポール・クルーグマン‥日本政府との会合 16年3月22日〉

 こう題された英文の議事録はA4判で12ページ。これをクルーグマン教授は今月26日、ツイッターで公開した。

 会合は前半、クルーグマン教授の提言で、「世界経済は弱さが蔓延している」「金融政策だけでは足りず、財政出動が必要」などと発言。「マイナス金利をこれ以上進めるのは難しい」と、黒田日銀にとって耳の痛い話もしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る