高度成長期の夢よもう一度? 2025年「大阪万博」誘致へ

公開日:  更新日:

 東京五輪の次は大阪万博というのだから、発想が貧困というかレトロというか。政府が景気浮揚策として、2025年の国際博覧会の大阪誘致に向けて調整を進めていることが明らかになった。

 安倍首相が28日の衆院本会議の代表質問で「万博開催は日本を訪れる観光客を増やし、地域活性化の起爆剤となる」と答弁。政府は来春にも、パリに本部がある博覧会国際事務局に立候補を届け出る方針という。

 29日の毎日新聞によると、大阪万博は大阪府が14年から誘致の検討に入り、日本維新の会代表の松井知事が“おともだち”の菅官房長官に繰り返し協力を求めていた。8月には世耕経済産業相が松井氏と面会して正式要請を受け、安倍首相も大阪府が近くまとめる万博基本構想について「しっかりと検討を進める」と語ったという。

 東京五輪に続く大阪万博で“高度経済成長の夢よ、もう一度”というわけだ。まさか今度は“安倍マリオ”が“安倍クイダオレ人形”になったりはしないだろうな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る