高度成長期の夢よもう一度? 2025年「大阪万博」誘致へ

公開日: 更新日:

 東京五輪の次は大阪万博というのだから、発想が貧困というかレトロというか。政府が景気浮揚策として、2025年の国際博覧会の大阪誘致に向けて調整を進めていることが明らかになった。

 安倍首相が28日の衆院本会議の代表質問で「万博開催は日本を訪れる観光客を増やし、地域活性化の起爆剤となる」と答弁。政府は来春にも、パリに本部がある博覧会国際事務局に立候補を届け出る方針という。

 29日の毎日新聞によると、大阪万博は大阪府が14年から誘致の検討に入り、日本維新の会代表の松井知事が“おともだち”の菅官房長官に繰り返し協力を求めていた。8月には世耕経済産業相が松井氏と面会して正式要請を受け、安倍首相も大阪府が近くまとめる万博基本構想について「しっかりと検討を進める」と語ったという。

 東京五輪に続く大阪万博で“高度経済成長の夢よ、もう一度”というわけだ。まさか今度は“安倍マリオ”が“安倍クイダオレ人形”になったりはしないだろうな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  8. 8

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  9. 9

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  10. 10

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る