• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ相場黄信号 “失望”引き金で訪れるダウ暴落Xデー

 トランプ政権の人事が激しく混迷している。7月31日、トランプ大統領はスカラムチ広報部長を任命後わずか10日間で解任した。その前はスカラムチ氏と対立していたプリーバス首席補佐官を更迭。この半年間に、フリン前大統領補佐官やコミー前FBI長官、スパイサー報道官など要職に就いた人物が次々と更迭されている。

「トランプ政権の強引な政権運営に対し、一時収まっていた弾劾論が再び米国内で高まりつつあります」(国際ジャーナリストの堀田佳男氏)

 不思議なのは、トランプ政権がこれだけ迷走しているにもかかわらず、米国では株価が上がり続けていることだ。7月31日、ニューヨーク株式市場のダウ平均は過去最高の2万1891ドル12セントで取引を終えた。

 しかし、トランプ相場に黄色信号がともり始めている。最近、著名投資家のハワード・マークス氏が「野球でいえば八回に入ったような気がする」と指摘。米国株の上昇局面が終盤に入ったと警告したことが話題を呼んでいる。マークス氏はあのウォーレン・バフェット氏が一目を置く投資家だけに説得力がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る