大きな北朝鮮の誕生か 中国・習近平「超一強体制」が始動

公開日:

 北朝鮮ソックリだ――。中国共産党の習近平総書記(64=国家主席)の2期目の指導部が25日、正式に発足。新たな最高指導部メンバー7人を発表した。

 最高指導部メンバーである政治局常務委員は、習と李克強首相(62)が留任。反腐敗運動の陣頭指揮をとってきたナンバー2の王岐山(69)を含む引退メンバーに代わり、栗戦書党中央弁公庁主任(67)ら、5人が新たに選出された。また、今回の人事では、後継者になる50歳代の若手指導者は最高指導部入りしなかった。習は長期政権も視野に入れているとみられる。

 中国に詳しい「週刊現代」編集次長の近藤大介氏が言う。

「『習近平超1強時代』が確立した人事です。『ポスト習』を明確にしなかったし、習近平に“言いなり”のメンバーをそろえています。大きな北朝鮮のような体制になったと言っていいでしょう。注目すべきは、年齢を理由にはしていましたが、5年間、ナンバー2だった王岐山を切ったことです。側近に有力者がいるのを嫌がるのは、ナンバー2の張成沢を粛清した金正恩と同じ精神構造です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る