大きな北朝鮮の誕生か 中国・習近平「超一強体制」が始動

公開日: 更新日:

 北朝鮮ソックリだ――。中国共産党の習近平総書記(64=国家主席)の2期目の指導部が25日、正式に発足。新たな最高指導部メンバー7人を発表した。

 最高指導部メンバーである政治局常務委員は、習と李克強首相(62)が留任。反腐敗運動の陣頭指揮をとってきたナンバー2の王岐山(69)を含む引退メンバーに代わり、栗戦書党中央弁公庁主任(67)ら、5人が新たに選出された。また、今回の人事では、後継者になる50歳代の若手指導者は最高指導部入りしなかった。習は長期政権も視野に入れているとみられる。

 中国に詳しい「週刊現代」編集次長の近藤大介氏が言う。

「『習近平超1強時代』が確立した人事です。『ポスト習』を明確にしなかったし、習近平に“言いなり”のメンバーをそろえています。大きな北朝鮮のような体制になったと言っていいでしょう。注目すべきは、年齢を理由にはしていましたが、5年間、ナンバー2だった王岐山を切ったことです。側近に有力者がいるのを嫌がるのは、ナンバー2の張成沢を粛清した金正恩と同じ精神構造です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る