大きな北朝鮮の誕生か 中国・習近平「超一強体制」が始動

公開日:

 北朝鮮ソックリだ――。中国共産党の習近平総書記(64=国家主席)の2期目の指導部が25日、正式に発足。新たな最高指導部メンバー7人を発表した。

 最高指導部メンバーである政治局常務委員は、習と李克強首相(62)が留任。反腐敗運動の陣頭指揮をとってきたナンバー2の王岐山(69)を含む引退メンバーに代わり、栗戦書党中央弁公庁主任(67)ら、5人が新たに選出された。また、今回の人事では、後継者になる50歳代の若手指導者は最高指導部入りしなかった。習は長期政権も視野に入れているとみられる。

 中国に詳しい「週刊現代」編集次長の近藤大介氏が言う。

「『習近平超1強時代』が確立した人事です。『ポスト習』を明確にしなかったし、習近平に“言いなり”のメンバーをそろえています。大きな北朝鮮のような体制になったと言っていいでしょう。注目すべきは、年齢を理由にはしていましたが、5年間、ナンバー2だった王岐山を切ったことです。側近に有力者がいるのを嫌がるのは、ナンバー2の張成沢を粛清した金正恩と同じ精神構造です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る