ファンケル 島田和幸社長<4>親子3代で使う根強いファンも

公開日: 更新日:

 ファンケルは無添加の化粧品、健康食品を売る1部上場企業。今年の4月に社長になった島田和幸は、就任後すぐに動いている。

「以前、化粧品、健康食品が2つの子会社に分かれていたのを1つにしました。それぞれのセクションが部分最適を求めるようになったところが目についたからです。スローガンは『オールファンケル、ワンファンケル』。みんなで1つのファンケルを目指す。なんといっても当社は研究、製造、それから商品企画、販売、お客さま対応まですべて自社でやっています。化粧品、健康食品企業のなかには、実は製造を他社に委託しているところが多い。しかし、うちは創業以来、ものづくり、研究は自分たちでやると決めています」

 島田は通常の社長業務をやりながら、店舗を回り、従業員とコミュニケートしている。

「社長になる前から本格的に店舗を回り始めて、約100店舗になりました。店舗は全部で200はありますから、まだまだ時間はかかりますね。目的はお客さまのことを知ることと、店舗スタッフの元気づけです。店にいらしたお客さまには必ずご挨拶します。銀座通りの5丁目にある銀座スクエアにはヘビーユーザーの方が休むスペースがある。そこでは『社長になりました島田です』とご挨拶します。すると、喜んでいただくことがあって……。まったく社長冥利に尽きます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  9. 9

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る