ファンケル 島田和幸社長<4>親子3代で使う根強いファンも

公開日:  更新日:

 ファンケルは無添加の化粧品、健康食品を売る1部上場企業。今年の4月に社長になった島田和幸は、就任後すぐに動いている。

「以前、化粧品、健康食品が2つの子会社に分かれていたのを1つにしました。それぞれのセクションが部分最適を求めるようになったところが目についたからです。スローガンは『オールファンケル、ワンファンケル』。みんなで1つのファンケルを目指す。なんといっても当社は研究、製造、それから商品企画、販売、お客さま対応まですべて自社でやっています。化粧品、健康食品企業のなかには、実は製造を他社に委託しているところが多い。しかし、うちは創業以来、ものづくり、研究は自分たちでやると決めています」

 島田は通常の社長業務をやりながら、店舗を回り、従業員とコミュニケートしている。

「社長になる前から本格的に店舗を回り始めて、約100店舗になりました。店舗は全部で200はありますから、まだまだ時間はかかりますね。目的はお客さまのことを知ることと、店舗スタッフの元気づけです。店にいらしたお客さまには必ずご挨拶します。銀座通りの5丁目にある銀座スクエアにはヘビーユーザーの方が休むスペースがある。そこでは『社長になりました島田です』とご挨拶します。すると、喜んでいただくことがあって……。まったく社長冥利に尽きます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る