生き方は働き方 佐々木常夫氏「肝心なのは制度より風土」

公開日: 更新日:

 安倍政権は企業に有利な裁量労働制の拡大を推し進めようとしている。「働き方改革」「生産性革命」と掛け声は立派だが、その実態は「残業時間の上限規制」や「残業代ゼロ法案」などの巧妙な抱き合わせ。過労死ラインの月100時間残業を合法化し、割増賃金もカットして安価な労働力提供を強制しようというのだ。東レ時代に残業ゼロを実践したワークライフバランスの先駆者、元東レ経営研究所社長の佐々木常夫氏はこうした議論をどうみているのか。

■法案はアドバルーンで中身が伴っていない

  ――働き方改革推進法案をどう評価されますか。

 働き方改革というアドバルーンを揚げたものの、それにふさわしい中身が伴っていない印象ですね。私は働き方は「生き方」だと思っています。どうすれば効率的に働けるか、どうやって生きていくのがいいのか。道具と考え方をセットにしないと先には進まない。長時間労働の是正については議論があるようですが、いずれにせよテンポが遅いなという感じがします。忙しい業界もありますから、財界が反対の立場を取るのは分かります。政府も財界を味方につけたい。それで厳しい規制をかけないでほしいという財界の要望をのんで、妥協案をまとめた結果なのでしょう。ただ、私は制度による変更をそれほど評価しません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る