生き方は働き方 佐々木常夫氏「肝心なのは制度より風土」

公開日:

 安倍政権は企業に有利な裁量労働制の拡大を推し進めようとしている。「働き方改革」「生産性革命」と掛け声は立派だが、その実態は「残業時間の上限規制」や「残業代ゼロ法案」などの巧妙な抱き合わせ。過労死ラインの月100時間残業を合法化し、割増賃金もカットして安価な労働力提供を強制しようというのだ。東レ時代に残業ゼロを実践したワークライフバランスの先駆者、元東レ経営研究所社長の佐々木常夫氏はこうした議論をどうみているのか。

■法案はアドバルーンで中身が伴っていない

  ――働き方改革推進法案をどう評価されますか。

 働き方改革というアドバルーンを揚げたものの、それにふさわしい中身が伴っていない印象ですね。私は働き方は「生き方」だと思っています。どうすれば効率的に働けるか、どうやって生きていくのがいいのか。道具と考え方をセットにしないと先には進まない。長時間労働の是正については議論があるようですが、いずれにせよテンポが遅いなという感じがします。忙しい業界もありますから、財界が反対の立場を取るのは分かります。政府も財界を味方につけたい。それで厳しい規制をかけないでほしいという財界の要望をのんで、妥協案をまとめた結果なのでしょう。ただ、私は制度による変更をそれほど評価しません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る