生き方は働き方 佐々木常夫氏「肝心なのは制度より風土」

公開日: 更新日:

 安倍政権は企業に有利な裁量労働制の拡大を推し進めようとしている。「働き方改革」「生産性革命」と掛け声は立派だが、その実態は「残業時間の上限規制」や「残業代ゼロ法案」などの巧妙な抱き合わせ。過労死ラインの月100時間残業を合法化し、割増賃金もカットして安価な労働力提供を強制しようというのだ。東レ時代に残業ゼロを実践したワークライフバランスの先駆者、元東レ経営研究所社長の佐々木常夫氏はこうした議論をどうみているのか。

■法案はアドバルーンで中身が伴っていない

  ――働き方改革推進法案をどう評価されますか。

 働き方改革というアドバルーンを揚げたものの、それにふさわしい中身が伴っていない印象ですね。私は働き方は「生き方」だと思っています。どうすれば効率的に働けるか、どうやって生きていくのがいいのか。道具と考え方をセットにしないと先には進まない。長時間労働の是正については議論があるようですが、いずれにせよテンポが遅いなという感じがします。忙しい業界もありますから、財界が反対の立場を取るのは分かります。政府も財界を味方につけたい。それで厳しい規制をかけないでほしいという財界の要望をのんで、妥協案をまとめた結果なのでしょう。ただ、私は制度による変更をそれほど評価しません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る