大手好決算も中小零細に恩恵ナシ 「GC注記」危ない21社

公開日:

 過去最高益を更新する大企業が続出した2017年9月中間決算だったが、中小・零細には恩恵が届いていない。それがクッキリなのが、決算書に「継続企業の前提に関する注記(GC注記)」が付いた企業、いわゆる市場が警戒する“危ない会社”が依然21社に上っていることだ(別表参照)。3月期から2社減ったものの、21社はいずれも前期から続けての記載だった。

 GC注記を付けるほどではないにしろ、事業継続に疑義がある事象を抱えている場合には「重要事象」が記載されるが、そちらは38社あった。

 データをまとめた東京商工リサーチ情報本部の増田和史氏がこう言う。

「企業業績が全体に上向きという環境下で、不振から抜け出せないというGC注記企業は、よほど状況が悪いということです。21社中11社に3年前の14年9月中間期決算でもGC注記が付いていました。不振の固定化が顕著になっています。重要事象の記載企業を含めた全59社を見ると、東芝を除けば中堅・零細の製造業が約半数を占める。大手メーカーは好調でも下請けは相変わらず苦しんでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る