大手好決算も中小零細に恩恵ナシ 「GC注記」危ない21社

公開日:

 過去最高益を更新する大企業が続出した2017年9月中間決算だったが、中小・零細には恩恵が届いていない。それがクッキリなのが、決算書に「継続企業の前提に関する注記(GC注記)」が付いた企業、いわゆる市場が警戒する“危ない会社”が依然21社に上っていることだ(別表参照)。3月期から2社減ったものの、21社はいずれも前期から続けての記載だった。

 GC注記を付けるほどではないにしろ、事業継続に疑義がある事象を抱えている場合には「重要事象」が記載されるが、そちらは38社あった。

 データをまとめた東京商工リサーチ情報本部の増田和史氏がこう言う。

「企業業績が全体に上向きという環境下で、不振から抜け出せないというGC注記企業は、よほど状況が悪いということです。21社中11社に3年前の14年9月中間期決算でもGC注記が付いていました。不振の固定化が顕著になっています。重要事象の記載企業を含めた全59社を見ると、東芝を除けば中堅・零細の製造業が約半数を占める。大手メーカーは好調でも下請けは相変わらず苦しんでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る