• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワセダクロニクル渡辺周編集長<1>無給で走り続けた2年間

 広告も購読料も一切とらない。書いている記者は全員無給。市民からの寄付金で取材をし、濃密な記事とスクープで存在感を示しているウェブメディアがある。

 2017年、早稲田大学ジャーナリズム研究所のプロジェクトとして発足、その後、独立したNGO組織のニュースメディア「ワセダクロニクル」だ。昨今、新聞紙上をにぎわしている強制不妊手術の驚くべき実態は、ここが先行して報じてきた。その前は共同通信が薬の事実上の「広告」を「記事」として配信していたことを暴いた。新たなジャーナリズムの形として注目を集めているのだが、このワセダクロニクルを率いているのが、渡辺周氏(43)だ。

 早大政経卒、日本テレビに入社したが、辞めて、朝日新聞へ。その朝日も辞めて、チャレンジを続けている。彼のもとに集まったメンバーはジャーナリストや学生、銀座のバーのオーナーや元公務員などさまざまだ。新聞社を3カ月で辞めた23歳のリサーチャーは、パン屋の早朝バイトや民泊の清掃で生計を立てている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る