ワセダクロニクル渡辺周編集長<1>無給で走り続けた2年間

公開日: 更新日:

 広告も購読料も一切とらない。書いている記者は全員無給。市民からの寄付金で取材をし、濃密な記事とスクープで存在感を示しているウェブメディアがある。

 2017年、早稲田大学ジャーナリズム研究所のプロジェクトとして発足、その後、独立したNGO組織のニュースメディア「ワセダクロニクル」だ。昨今、新聞紙上をにぎわしている強制不妊手術の驚くべき実態は、ここが先行して報じてきた。その前は共同通信が薬の事実上の「広告」を「記事」として配信していたことを暴いた。新たなジャーナリズムの形として注目を集めているのだが、このワセダクロニクルを率いているのが、渡辺周氏(43)だ。

 早大政経卒、日本テレビに入社したが、辞めて、朝日新聞へ。その朝日も辞めて、チャレンジを続けている。彼のもとに集まったメンバーはジャーナリストや学生、銀座のバーのオーナーや元公務員などさまざまだ。新聞社を3カ月で辞めた23歳のリサーチャーは、パン屋の早朝バイトや民泊の清掃で生計を立てている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る