オマツリジャパン・加藤優子社長<4>フラット組織で事業拡大

公開日: 更新日:

 オマツリジャパンはこの5月から加藤社長ら取締役3人を含め、ようやくフルタイム社員5人体制となった。

 小所帯ながら、お祭りのコンサルティングやツアー開催で存在感を示せることには、約300人が登録する「サポーター」と呼ばれるボランティアの貢献が大きい。

「ウェブの技術者、デザイナーなど、サポーターの本業はさまざま。それぞれ得意分野で応援してくれています」

 子ども好きのサポーターは祭りのお手伝いで活躍。変わったところでは経営コンサルタントもいる。

 事業を手伝うだけでなく、サポーター同士で誘い合い各地のお祭りに参加する。趣味の延長ゆえに、得意なことを生かした事業支援も楽しめるのだろう。“サポーター限定”のみこしの担ぎ手募集も時折あるという。各地のおみこしの中には文化財として価値が高く、「誰でも担がせるわけにはいかない」というものもある。加藤氏は「そんな場合でも、弊社のサポーターなら身元もしっかりしているからと依頼していただけます」と胸を張る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  9. 9

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る