• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オマツリジャパン・加藤優子社長<4>フラット組織で事業拡大

 オマツリジャパンはこの5月から加藤社長ら取締役3人を含め、ようやくフルタイム社員5人体制となった。

 小所帯ながら、お祭りのコンサルティングやツアー開催で存在感を示せることには、約300人が登録する「サポーター」と呼ばれるボランティアの貢献が大きい。

「ウェブの技術者、デザイナーなど、サポーターの本業はさまざま。それぞれ得意分野で応援してくれています」

 子ども好きのサポーターは祭りのお手伝いで活躍。変わったところでは経営コンサルタントもいる。

 事業を手伝うだけでなく、サポーター同士で誘い合い各地のお祭りに参加する。趣味の延長ゆえに、得意なことを生かした事業支援も楽しめるのだろう。“サポーター限定”のみこしの担ぎ手募集も時折あるという。各地のおみこしの中には文化財として価値が高く、「誰でも担がせるわけにはいかない」というものもある。加藤氏は「そんな場合でも、弊社のサポーターなら身元もしっかりしているからと依頼していただけます」と胸を張る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る