トヨタも本腰入れる自動運転車が普及すると信号がなくなる

公開日: 更新日:

 トヨタ自動車は今年1月、米ネバダ州ラスベガスで行われたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で「e―Palette Concept」を発表した。これは電動化、コネクテッド、自動運転技術を活用したMaaS(モビリティーサービス)専用次世代の電気自動車だ。

 MaaSを分かりやすくいうと、自動車を保有し自分で運転するのではなく、飛行機や鉄道のように、サービスとして利用するようになるということ。

 トヨタは「e―Palette Concept」を使って、複数のサービス事業者による1台の車両の相互利用や、複数のサイズバリエーションを持つ車両による効率的かつ一貫した輸送システムサービスを目指している。2020年代前半には米国をはじめとするさまざまな地域でサービス実証を開始予定だ。

 この構想の一部機能が搭載された車両を20年の東京オリンピック・パラリンピックに投入するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る