堀田佳男
著者のコラム一覧
堀田佳男ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明 」など。

投票率も上昇へ 反トランプ派が民主党候補に多額の献金

公開日: 更新日:

 米首都ワシントン市内を流すタクシー運転手、コフィーさんは政治の話になると冗舌だった。モーリタニアからの移民で、米国籍を取得してから16年が経つ。

「中間選挙は大統領を選ぶ選挙ではないから、過去、行かないことの方が多かったです。でも今年は必ず投票に行くつもりです。トランプは悪人だからね。民主党議員に勝って欲しい」

 2年前の大統領選で、民主党ヒラリー・クリントンの方がトランプより得票総数で286万票も多かったが落選。コフィーさんは今でも納得がいかない。「これで世界の民主主義のリーダーとよく言えたものだ」とハンドルを握りながら不満を漏らす。投票行動の起点は政策ではなく、共和党議員を当選させないことだ。

 中間選挙の投票率は過去100年、40%前後で推移しており、大統領選の60%前後に比べると低い。だが今年は、投票率が大統領選レベルになると予想されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る