賠償の話は一切ナシ…東京医科大に受験生は戻ってくるのか

公開日: 更新日:

 女子や多浪生への得点操作が発覚した東京医科大学(東京・新宿区)の不正入試問題で、前学長の辞任により、10月に就任したばかりの林由起子学長は7日、都内で記者会見。合格ラインに達していたのに不合格となった受験生について、追加合格の判定対象とする救済策を発表した。

 対象者は、2017年度と18年度の医学部医学科の入試で、不正な得点操作によって不合格となった受験生計101人。得点操作の影響を排除した新たな入試結果の成績順位表に基づき、入学意思を示した成績上位者から順に追加合格とする。高順位の在校生の存在でも定員の枠が埋まるため、追加合格者が全員入学を希望しても最大で上位63人しか認められない。

 追加合格者への入学の意思確認の締め切りは今月30日。100万円の入学金や年間500万円の授業料の免除などの特別措置や、他大への進学や予備校の費用の賠償については何ら説明がないままだ。複雑な追加合格の救済措置については長々と説明していた林学長も、不合格者へのカネの話になると「第三者委員会で検討中」の一点張りだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る