ゴーンに新疑惑続々 側近の仏ルノー副社長にも不透明報酬

公開日: 更新日:

 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長に新疑惑が続々と浮上している。

 ゴーンの側近で仏ルノーのムナ・セペリ副社長に対し、日産、ルノー、三菱自動車の3社連合の統括会社「ルノー・日産B・V」から不透明な報酬が支払われていた疑いが持ち上がった。セペリ副社長は2012~16年の5年間に非公表の報酬として計約50万ユーロ(約6200万円)を受け取っていたという。

 11日の朝日新聞は東京地検特捜部が立件・起訴した過少申告報酬とは別に、日産と三菱自動車が共同でオランダに設立した「日産・三菱B・V」から昨年約10億円の報酬を得たと報じた。10日の日産の取締役会で明らかにされたという。

 時事通信は特別背任の入り口とみられている新生銀行とのスワップ取引を巡り、投機目的の取引だった疑いがあると報じた。ゴーンは「取引は日産から得る円建て報酬をドルに換えるためだった」としているが、特捜部は円をドルに換えるだけなら、数倍の取引ができる契約は不要だとみている。

 ゴーンの知人のサウジアラビア人大富豪に中東日産を通じた約1470万ドル(現在のレートで約16億円)の支出を巡る疑惑も浮上。サウジの工場建設が理由のひとつとされているが、ゴーンは中東担当者に「日産とは関係ない」とメールで伝えていたと共同通信が報じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る