立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職し、17年からフリーランスとして活動。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「ニュースのタネ」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。ニコニコ動画でも「ファクトチェック・ニッポン」の配信を開始。

佐戸未和さん過労死問題 怒りを通り越し呆れるNHKの不誠実

公開日: 更新日:

佐戸未和記者 過労死問題

 過労死で31年の生涯を終えた佐戸未和さん。その命日は2013年7月24日だ。ご両親が、当時の彼女の上司だった「東條」からハガキ一枚来ないと不審に思っているのは、この日だ。しかし、実際に未和さんが死亡した日は定かではない。どういうことか?

 未和さんは携帯を握りしめたまま遺体で発見された。発見したのは婚約者だ。東京から離れた地方で仕事をしていた。その経緯は尾崎孝史著「未和」に詳しいが、実は婚約者はしばらく前から未和さんと連絡がとれなくなっている。心配になった彼は、未和さんが所属していたNHKの東京都庁記者クラブ(都庁クラブ)に問い合わせている。この事実はご両親が電話を受けた都庁クラブの記者とも話をして確認をとっている。なぜ所在の確認などをしなかったのだろうか? 実は父親の守さんは直接、その記者に問いただしている。その記者はまともに答えられていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る