トランプ&金正恩 3回目の会談準備が進んでいる

公開日: 更新日:

 いま、アメリカと韓国と北朝鮮の関係は実際のところ、どうなっているか。日本のメディアは、米朝首脳交渉でトランプにソデにされた金正恩が腹いせにミサイルをぶっ放し、仲介役の文在寅はメンツ丸つぶれで孤立化──と面白がっているが、実際は全然違う。水面下で、3回目の米朝会談のお膳立てが極秘に進行中だ。

 今週12日、トランプが金正恩から「温かい内容」の手紙を受け取ったと記者団に語った。さらに金正恩の妹が、韓国・金大中夫人の弔問で板門店を訪れたというニュースが流れた。これらは何を物語るのか。

 まず北朝鮮の事情だ。今年2月のハノイ米朝会談の決裂後も強気を装う金正恩だが、足元はかなりヤバくなっている。国連世界食糧計画(WFP)によると、昨年の北朝鮮の食糧生産量はここ10年で最悪。136万トンの穀物不足だという。

 39号室の統治資金も底をつきはじめて政権のタガが緩み、飢餓線上の地方での大規模暴動を極度に恐れている。それを見透かしたのが韓国・文政権の対北支援計画だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る