【特別寄稿】川上哲治元監督を悼む(中村稔・元巨人投手コーチ)

公開日: 更新日:

「なんで俺ばっかりいつまでもノックをやらされるんだよ」
 昭和32年の春のキャンプ。私は宇治山田商から巨人に入団した新人だった。全体練習が終わってもひとり残され、武宮(敏明)二軍コーチからコッテリ絞られた。

 実は私は巨人の伝説のエース沢村(栄治)さんの親戚。後に知ったことだが、それを知った川上さんが何とか私を一人前にしてやろうと武宮コーチに頼んだのだった。

 昭和39年の春先、車を運転していた私は交通事故を起こした。そのためそのシーズンは1勝もできずに終わるのだが、事故の報を聞いて川上さん(当時監督)が自宅まで訪ねてきた。わざわざお見舞いにまで来ていただいて申し訳ないと思ったが違った。畳一枚ほどの紙を広げると壁に貼り付けた。

「稔! 毎日コレを読め!」

 今では内容は忘れてしまったが、人の生き方、社会人としてのあるべき姿が箇条書きで12項目、黒々とした墨で書かれてあった。野球で成功するには、まずひとりの人間としてきちんとしろということだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る