巨人 “FA大竹争奪戦”から「いち抜けた」の深謀遠慮

公開日: 更新日:

<中田賢にも消極的>

 FA戦線が活発化してきた。
 宣言している広島大竹寛(30)はソフトバンク楽天中日の中田賢一(31)はソフトバンクと阪神西武片岡治大(30)は楽天とすでに交渉を終えている。

 5億円や10億円などと大金が報じられる中、当初はこの3人に興味を示していた巨人が、今のところは表立った動きを見せていない。やけに静かだと思っていたら、やはり水面下で動いていた。というより、動くのをやめていた。

 ソフトバンクが4年最大で10億円の大型契約を用意していることに関して、巨人のある球団幹部が「大竹にはいかない」と争奪戦から降りる方針だと周囲に漏らしていることが、この日までに分かったのだ。巨人への対抗心をむき出しにするソフトバンクは「巨人の提示額プラス1億円」という“掟破り”の条件までブラ下げているという。マネーゲームでは負けられない巨人の出方が注目されたが、さる球界関係者がこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る