巨人 “FA大竹争奪戦”から「いち抜けた」の深謀遠慮

公開日:  更新日:

<中田賢にも消極的>

 FA戦線が活発化してきた。
 宣言している広島の大竹寛(30)はソフトバンクと楽天、中日の中田賢一(31)はソフトバンクと阪神、西武の片岡治大(30)は楽天とすでに交渉を終えている。

 5億円や10億円などと大金が報じられる中、当初はこの3人に興味を示していた巨人が、今のところは表立った動きを見せていない。やけに静かだと思っていたら、やはり水面下で動いていた。というより、動くのをやめていた。

 ソフトバンクが4年最大で10億円の大型契約を用意していることに関して、巨人のある球団幹部が「大竹にはいかない」と争奪戦から降りる方針だと周囲に漏らしていることが、この日までに分かったのだ。巨人への対抗心をむき出しにするソフトバンクは「巨人の提示額プラス1億円」という“掟破り”の条件までブラ下げているという。マネーゲームでは負けられない巨人の出方が注目されたが、さる球界関係者がこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る