巨人 “FA大竹争奪戦”から「いち抜けた」の深謀遠慮

公開日: 更新日:

<中田賢にも消極的>

 FA戦線が活発化してきた。
 宣言している広島大竹寛(30)はソフトバンク楽天中日の中田賢一(31)はソフトバンクと阪神西武片岡治大(30)は楽天とすでに交渉を終えている。

 5億円や10億円などと大金が報じられる中、当初はこの3人に興味を示していた巨人が、今のところは表立った動きを見せていない。やけに静かだと思っていたら、やはり水面下で動いていた。というより、動くのをやめていた。

 ソフトバンクが4年最大で10億円の大型契約を用意していることに関して、巨人のある球団幹部が「大竹にはいかない」と争奪戦から降りる方針だと周囲に漏らしていることが、この日までに分かったのだ。巨人への対抗心をむき出しにするソフトバンクは「巨人の提示額プラス1億円」という“掟破り”の条件までブラ下げているという。マネーゲームでは負けられない巨人の出方が注目されたが、さる球界関係者がこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

もっと見る