日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神・能見 たった3000万円増で「いい評価」発言の真意

 まさかの一発サインだった。
 18日に阪神の能見篤史(34)が年俸交渉。3000万円アップの1億5000万円で契約更改をした。「球団からいい評価をしてもらいました」と話した能見だが、本当にその額でいいのか。

 阪神は今オフ、2年総額9億円もの大枚をはたいて抑えの呉昇桓を獲得。野手でも鳥谷が年俸3億円、新井兄と西岡もそれぞれ2億円だ。

 一方、能見は今季、3年連続2ケタとなる11勝7敗、防御率2.69。チーム内ではメッセンジャーの12勝に次ぐ、日本人投手最多の勝ち星を挙げた。巨人戦8試合でも3勝3敗、同2.83と結果を残している。それでいて、アップ額は10勝6敗のルーキー藤浪と同額。「いい評価」どころか、「バカにするな!」と交渉のテーブルをひっくり返してもいいくらいだ。

 ある関西球界関係者は「球団と能見の間で来年出て行く準備が整ったのでしょう」とこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事