吉と出た転向 小野塚が新種目スキーハーフパイプで「銅」

公開日: 更新日:

 新種目のスキー女子ハーフパイプ(日本時間21日未明)で小野塚彩那(25)が83.20点を出し銅メダルを獲得した。

 小野塚は予選4位で12人による決勝に進出。決勝では有力選手が次々と転倒するなか、2本目に83.20点。3位になった。小野塚は専修大出身で元アルペン選手。大学時代は全日本学生選手権で大回転の優勝経験もある。

 それがスキーのハーフパイプが五輪種目に採用されたのをきっかけに、11年にアルペンから転向。元アルペン選手ならではの体の反動を板にしっかり伝える安定した滑り、高いジャンプと技術ですぐに台頭。13年世界選手権3位、W杯でも2、3位に2度なっている。ハーフパイプの壁から3メートル以上飛び出すのは、女子では小野塚ほか数人だけだ。

 国内の競技人口はもちろん、海外でも決して多くはない。そんな中、ソチ代表に選ばれメダルも獲得した。誰も目をつけていない新種目は狙い目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る