吉と出た転向 小野塚が新種目スキーハーフパイプで「銅」

公開日:  更新日:

 新種目のスキー女子ハーフパイプ(日本時間21日未明)で小野塚彩那(25)が83.20点を出し銅メダルを獲得した。

 小野塚は予選4位で12人による決勝に進出。決勝では有力選手が次々と転倒するなか、2本目に83.20点。3位になった。小野塚は専修大出身で元アルペン選手。大学時代は全日本学生選手権で大回転の優勝経験もある。

 それがスキーのハーフパイプが五輪種目に採用されたのをきっかけに、11年にアルペンから転向。元アルペン選手ならではの体の反動を板にしっかり伝える安定した滑り、高いジャンプと技術ですぐに台頭。13年世界選手権3位、W杯でも2、3位に2度なっている。ハーフパイプの壁から3メートル以上飛び出すのは、女子では小野塚ほか数人だけだ。

 国内の競技人口はもちろん、海外でも決して多くはない。そんな中、ソチ代表に選ばれメダルも獲得した。誰も目をつけていない新種目は狙い目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る