ケガ人続出…商業主義のIOCが新種目を“水増し”した代償

公開日:  更新日:

 今大会は連日のように新種目が話題になった。
 新たに採用されたのは女子ジャンプやフィギュア団体など計12種目。フリースタイルスキーではスノーボードと会場が共有できるハーフパイプ、スロープスタイルが新たに加わった。

 曲芸のような動きを競うため、転倒する選手が続出。
 レース中に負傷し、棄権する選手は少なくなかった。小野塚彩那が銅メダルを獲得した女子ハーフパイプでは、有力選手が着地のミスでの自滅が目立った。

 新種目の大半は世界を見渡しても競技人口が少ない。国際オリンピック委員会(IOC)はマイナースポーツを実施して競技人口の増大を図る狙いもあったのだろう。11年のIOC理事会で新種目の採用を決めた際、ジャック・ロゲ会長(当時)は「選手と観客の双方から歓迎されるだろう。どれも面白い種目。既存の種目を完璧に補完するものであり、五輪に参加する女子選手の人数も増える」と説明。トリッキーな種目を増やして冬季五輪への注目度を高めて活性化を図ろうとしたが、実際はテレビ中継を意識したに過ぎない。IOCは動きが派手な種目はテレビ映えするため、視聴率が稼げるとソロバンをはじいたのだという。

 今回は運営やコース設定に問題が噴出した新種目が少なくなかった。
 IOCの商業主義に利用される選手はたまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る