• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

膨らむ費用、スポンサー減少も…岐路に立たされる冬季五輪

 ロシアのプーチン大統領が威信をかけて開催にこぎつけたソチ五輪。今大会は強引な用地買収や競技施設の建設費用、交通インフラ整備がかさみ、開催費用は約1兆7000億ルーブル(約5兆円)に膨れ上がった。夏季五輪と比べて競技数、参加選手数とも少ないにもかかわらず、5兆円の開催費用は夏も合わせて史上最高額だ。

 冬季競技の施設を建設する際には山を切リ崩すなど、環境破壊を招く。莫大な開催費用の負担に地元住民が難色を示し、18年韓国・平昌大会後、22年の開催に名乗りを上げる都市は皆無。これまでスイス・サンモリッツ、スウェーデン・ストックホルムが開催都市への立候補を検討したが、費用を捻出できないため断念。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長の母国であるドイツでさえ、ミュンヘンなど複数の都市が手を挙げながらも住民投票によって否決された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る