膨らむ費用、スポンサー減少も…岐路に立たされる冬季五輪

公開日:  更新日:

 ロシアのプーチン大統領が威信をかけて開催にこぎつけたソチ五輪。今大会は強引な用地買収や競技施設の建設費用、交通インフラ整備がかさみ、開催費用は約1兆7000億ルーブル(約5兆円)に膨れ上がった。夏季五輪と比べて競技数、参加選手数とも少ないにもかかわらず、5兆円の開催費用は夏も合わせて史上最高額だ。

 冬季競技の施設を建設する際には山を切リ崩すなど、環境破壊を招く。莫大な開催費用の負担に地元住民が難色を示し、18年韓国・平昌大会後、22年の開催に名乗りを上げる都市は皆無。これまでスイス・サンモリッツ、スウェーデン・ストックホルムが開催都市への立候補を検討したが、費用を捻出できないため断念。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長の母国であるドイツでさえ、ミュンヘンなど複数の都市が手を挙げながらも住民投票によって否決された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る