膝ケガ抱え残り7戦…レジェンド葛西ソチ後初のW杯で3位

公開日:  更新日:

「レジェンド」葛西紀明(41)がソチ五輪後、最初のW杯で3位に入った。

 26日(日本時間27日未明)、スウェーデンのファルンで行われたノルディックスキーのW杯ジャンプ男子個人第21戦(ヒルサイズ134メートル、K点120メートル)で、葛西は1本目133メートル、2本目130・5メートルの合計248・8点で3位になった。表彰台は今季5度目となる。

 51人が出場した1本目、90・3キロの飛び出しから葛西は133メートルを飛ぶ。ソチ五輪団体優勝メンバーのドイツのS・フロイントと並ぶ1本目の“最長不倒距離”だ。飛型点で差がつき125・2点で2位。ソチ五輪2冠のS・ストッホ(ポーランド)は115メートル。銀、銅のP・プレブツ(スロベニア)は118メートルの失敗ジャンプ。優勝を狙える絶好の位置につけた。

 ソチ五輪で金メダルを逃した葛西の次の目標は、日本人男子初のジャンプW杯の個人総合優勝。残り8戦。優勝すれば100ポイント。ストッホとは175点差。早めに差を縮めておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る