現役続行で白羽の矢 真央は日中関係修復の“キーパーソン”

公開日:  更新日:

 浅田真央(23)は2日、「東日本大震災チャリティー演技会」(神戸)に出演。その後の募金活動は3時間にも及び、「まだ復興していない地域もある。支援が必要。少しでも力になれればいいと思う」と語った。3日は名古屋でのアイスショーに参加した。

 進退についての決断はもう少し先だが、真央の「今後」に注目しているファンは海外にもたくさんいる。筆頭は中国だ。

 ソチ五輪のショートプログラム(SP)でボロボロになった真央が、翌日のフリー演技に涙すると、中継を見ていた多くの中国人は大感激。五輪女子ショートトラックで金2個を含む5個のメダルを獲得した楊揚も、「金メダルは大事だが、すべてのファンは真央の滑りを見て本当に美しいと思ったし、楽しませてもらった」と絶賛し、ネットには「真央の演技に泣けた」という投稿であふれかえった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  6. 6

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  7. 7

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る