珍プレー続出 「統一球問題」より深刻なプロ野球の「技術低下」

公開日: 更新日:

「今季も本当にプロなのかと思う選手、プレーが多い。ストライクが入らない楽天の新人もひどかったですが、26日のDeNA戦にも呆れましたね」

 こう語るのは、東京農大客員教授でプロ野球ファンの松野弘氏だ。

 26日のDeNA―阪神戦では、バント処理した山口が一塁へ送球。ベースカバーに入っていた宮崎は二塁へ投げるものだと思いボールから目を離し、山口が投げたボールはファウルゾーンを転々とし走者は生還。草野球でも見られない珍プレーだった。

 23日の西武戦に先発した楽天ルーキーの松井裕樹は初回、ストライクが入らず5四球で先制を許すと、結局5回5安打8四球5失点。即座に二軍落ちとなった。

「最近は平凡なゴロが捕れない、ベースカバーを忘れる、外野手の捕球や中継プレーも雑。打者はバントができない、ワンバウンドのようなクソボールを空振りする。投手はここぞという時にストライクが入らず、フィールディングのうまい者もめっきり減った。開幕直後、阪神西岡が福留と打球を追って激突し大ケガをしたプレーも草野球みたい。日頃から声を出し合ったり、捕球ラインを確認していれば防げたアクシデントです」(前出の松野氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  7. 7

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  8. 8

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  9. 9

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る